探偵うどん~古今亭志ん生



探偵うどん~古今亭志ん生


明治の頃。本所と深川の境にある交番に飛び込んできた男。

小名木川に掛かる高橋で、主人の金三百円を取られた、どうか助けてくださいと頼み、巡査は早速非常線を張りますが犯人は見つかりません。

夜、担ぎのうどん屋を呼び止めた男が、うどん屋の荷をかつがせてくれ、身なりもそっくり貸してくれと言います。

うどん屋が男についていくと吾妻橋から聖天山のあたりまで来てようやく荷を下ろします。


男は自分は泥棒だ。非常線がきつくて逃れるために身なりを借りたと言い、礼に一円を渡そうとしますが、うどん屋は受け取らず自分はうどん屋だから一杯食べてもらって代金をもらいたいと言う。

覚書

上方落語の「警察うどん」を志ん生が直して「探偵うどん」。
明治期に作られたもので古典の分類に入ります。

交番ができ警察機構が始まった時分、「非常線」なんていう言葉も耳新しかったのでしょうね。志ん生以後は四国を中心に活躍している桂七福がたまに演じています。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 古今亭志ん生 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*