怪談阿三の森(上下)~古今亭志ん生



怪談阿三の森~古今亭志ん生

深川牡丹町の近くの森。阿三(おさん)の森と言われていました。

蛤町に住む漁師 善兵衛の娘”おかの”は、本所の旗本・松岡半之進の家に奉公しています。
殿様のお手がついて妊娠、実家に帰されて女の子を出産し、阿三(おさん)と名付けます。

実家には松岡半之進も繁く通い、裏に離れを建てて何不自由ない生活をしていましたが、
おかのの母親と松岡半之進が相次いで亡くなり、生活に困って亀戸天神の橋のそばで「梅見団子」という団子屋を始めます。

店は繁盛し「梅見団子の小町娘」と呼ばれる評判の看板娘となります。

ある日、医者の藪井竹庵が、松岡半之進の三男で、阿部に養子に出した新重郎とともに梅見団子を訪れ、新重郎・阿三とも一目惚れをしてしまいます。

逢瀬を重ねる二人。
しかし新重郎は、具合の悪い母親を見舞った際、阿三が腹違いの妹であることと、面倒を見てあげるようにと言い残して亡くなります。

さて、これを聞いた新重郎、さてはあれは自分の妹であったかと悔やみます。

覚書

筋立ては牡丹灯籠とほぼ同じで、門前仲町駅の駅近くにある於三稲荷(お三さま)の由来として語られます。
阿三が化身した蛇を埋めたスズメの森を誰言うとなく「阿三の森」これが「お産の森」と言い換えられて、安産の御利益を求める人が絶えず、稲荷の祠を建てて祀ったということです。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 古今亭志ん生 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*