応挙の幽霊~入船亭扇橋・笑福亭生喬・三遊亭圓歌【動画】



幽霊さん、イケるくちだねぇ

応挙の幽霊~入船亭扇橋【動画】

旦那の好きな幽霊の掛け軸を持って旦那のところへ何度も行った骨董屋。ずっと留守で明日にしようかと思っていたところへ旦那が訪ねてきます。

早速掛け軸を旦那に見せて円山応挙の作だと言います。
旦那は今時応挙の絵が出ているわけはない、贋作だろうとは言いながらも「いい幽霊だ。今にも絵から抜け出して来そうだ」と大変気に入った様子。

四、五人が売ってくれと言ってきているのだが、先約があると断っている、百円というところですが十円お引きしまして九十円でいかがでしょうかと骨董屋が言いますと、旦那は他の人に買われるのも悔しいからと前金を置いて、明日の朝持ってきてくれるようにと言って帰ります。

骨董屋は今朝、市で五円で買ってきたがよく儲かったと喜び、早速一杯始め、幽霊のおかげだと軸を床の間にかけ、酒肴を備えて礼を言って回向しますと、急に酒が旨くなり、ふと寒気がします。

目の前に絵の幽霊が現れ、掛け軸の中から出て参りましたと言います。

覚書

江戸時代の中期から後期にかけて写生画を得意として活躍した円山応挙。
幽霊に足がないというのを日本に定着させた画家としても有名です。

この噺をもとにして、新内節や歌舞伎の題材としても取り上げられました。

応挙の幽霊~笑福亭生喬【動画】

応挙の幽霊~三遊亭圓歌

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 三遊亭円歌(二代目), 入船亭扇橋, 笑福亭生喬 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*