幾代餅~古今亭志ん朝・古今亭志ん生・柳家さん喬他【動画】



古今亭志ん朝~幾代餅

米屋の奉公人 清蔵がここ三日ほど寝込んでご飯も食べず床があがりません。

聞き出したところ、人形町の絵双紙屋(草双紙・浮世絵・役者絵などを印刷して販売する店)の前に掛けられていた花魁の錦絵に書かれた吉原の花魁、今をときめく幾代太夫を見て一目惚れ、

「吉原に行けばこの人に逢えるんですか」と周りの人に聞きますが、
「おめえなんぞが行ったって会える道理がねぇ」と嘲笑され、逢えないならば死んでしまったほうがいいと思った恋患い。

向こうは売り物、ならぬことではないと旦那に言われ、一年の間一所懸命働き、十三両二分という金を貯めます。

話の筋は「紺屋高尾」と同じだということはおわかりだと思います。
このあとの展開もほぼ同じです。

紺屋高尾の場合は、高尾太夫が紺屋の職人久蔵に嫁ぐまで下げとなるものと、暖簾分けをしてもらい、早染めという店を開いて高尾と久蔵が睦まじく暮らすところまでを描くものがあり、

幾代の場合は「幾代餅」という餅屋を開いて繁盛する様子までが描かれ、
「傾城に誠なしとは誰が言うた 後の世まで詠われました幾代餅由来のお話でございます」と下げになります。

清蔵と幾代が両国に餅屋を開き、幾代が手ずから焼いた餅に餡をまぶしたあんころ餅のようなものを「幾代餅」と名づけたものが実際に売りに出され、江戸時代中期に両国の名物餅として明治の頃まで販売されていました。
いくよ餅

どちらの噺でも、店を開いた噂を江戸っ子が聞ききつけ、高尾や幾代を一目見ようと、また、こういう美談を聞いて応援してやらなきゃ江戸っ子の名折れだと言って店にかけつける様子が、そのまま人情噺のようで私は大変に好きです。

古今亭志ん生~幾代餅

柳家さん喬~幾代餅

古今亭菊之丞~幾代餅

古今亭圓菊【動画】~幾代餅

金原亭馬生(10代目)~幾代餅

金原亭馬生(11代目)~幾代餅

柳家権太桜~幾代餅


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 古今亭圓菊, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 古今亭菊之丞, 柳家さん喬, 柳家権太楼, 金原亭馬生 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*