崇徳院~桂枝雀・古今亭志ん朝・桂米朝・金原亭馬生・三遊亭百生・桂三木助・三遊亭園楽【動画】



恋煩いの若旦那のために崇徳院の句を手がかりに奔走する熊五郎

桂枝雀~崇徳院【動画】


十日ほど前から若旦那が患いついてしまい、医者に見せても薬の盛りようがない、「これは気の病である」と医者に言われた旦那はその気がかりを聞き出そうとしますが、熊さんにだけ話したいというので、さっそく呼びに行きます。

熊さんが聞き出したところ、恋煩いをしていると言います。

二十日ほど前に高津さん(江戸落語では上野の清水さま)にお参りに行きますと、茶屋で出会った水もたれるようなきれいな娘。
お互いに見つめ合い、娘は若旦那の顔を見てにっこりと笑います。

娘が茶袱紗を忘れて去ろうとするのを若旦那、持って追いかけ、娘は茶屋に戻りますと料紙をもらって崇徳院の「瀬を早み岩にせかるる滝川の」の上の句を書いて若旦那に渡します。

下の句は「われても末に逢はむとぞ思ふ」と、今日は別れてもいつかまた会いたいという思いをこめたもので、それ以来若旦那は何を見てもその娘の顔に見え、思いが募って床についてしまったとのこと。

熊さんが旦那に事情を話すと、礼は存分にする、大阪中、いや日本中を回ってもその娘を探してほしいと頼まれます。

足を棒にして探しますが、見つかりません。
黙って探しても駄目だと、唯一の手がかりの「崇徳院」の句を大きな声で言いながら町を歩きます。

覚書

この出逢いの場面は、歌舞伎の「新薄雪物語」の序幕を彷彿とさせると、四代目米團治は弟子の米朝に話していたといいます。

「新薄雪物語」序幕・花見

桜の中、清水の絵馬堂で、幸崎伊賀守の娘、薄雪姫が園部左衛門に向けて和歌を書いて桜の枝にくくりつけて去ります。

後から現れた左衛門が”影の太刀”を奉納を済ませ、住職から桜の枝をひとつ手折ってお土産にと言われ、先ほどの和歌の短冊が結んであった枝を見つます。

高津の絵馬堂で男女が出逢い、風ではがれた短冊がひらひらと一枚落ち、これを拾った娘が若旦那に手渡して去る、または、袂から短冊を取り出して矢立(やたて 墨壺と筆の入った携帯用筆記具)で書くという演出もありますが、米朝が茶屋で料紙をもらって書くというふうに変えています。

また、「瀬をはやみ~」と熊さんが言いながら町を歩く場面で、物売りや宣伝屋に間違われたり子供が熊さんの後をついてきたりしますが、昔の京・大阪では、物売りが「足引きの~山の芋~」「久方の飴~」など枕詞をつけて町を流していたという背景があり、百人一首が庶民の中に浸透し、熊さんの口上も、当時の人々にとってはさほど奇異なものには映ってはいなかったことが推察されます。

古今亭志ん朝~崇徳院


熊五郎のまっすぐな江戸っ子ぶりが爽快です。

桂米朝~崇徳院

金原亭馬生~崇徳院【動画】

三遊亭百生(二代目)~崇徳院

桂三木助~崇徳院

三遊亭圓楽~崇徳院

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 三遊亭圓楽, 三遊亭百生, 古今亭志ん朝, 桂ざこば, 桂三木助(三代目), 桂米朝, 金原亭馬生 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*