小間物屋政談~立川志の輔・三遊亭圓生・古今亭志ん生・三遊亭圓楽



小間物屋政談~立川志の輔

家主の源兵衛と話をしている行商の小間物屋相生屋の小四郎。
少し金が貯まったので上方へ行って商売をし、また小金が貯まったら上方の珍しいものを江戸に持ち帰ってこようと思います。女房のお時が一人になってしまいますのでよろしくおねがいしますと頼んで旅立ちます。

東海道を四日ほど、小田原を過ぎて箱根の山中にかかりました時に大のほうを催し、林の中に入っていきますと「お願いでございます。お助けくださいまし」と声が聞こえます。

裸で縛られていた男を見つけ、聞けば小四郎も仕入れをしている江戸屈指の卸商、芝神谷町の若狭屋甚平。追い剥ぎに会って荷物はもちろん身ぐるみ剥がれてこの有様と言います。

自分の着物を着せ、江戸へ戻る路銀を貸してほしいと言うので一両と住所名前を書付けて渡し、女房に返しておいてもらえればと渡して東西に別れます。

若狭屋甚平ようやく旅籠につきましたが、今まで気が張っていたものが安心したものかその夜のうちに亡くなってしまいます。旅籠が忙しく宿帳を書くのを忘れたが、懐に住所名前を書いた書付があった。ここへ便りを出して引き取ってもらおうということになります。

覚書

講談の「万両婿」をもとにした大岡裁きの落語です。
原題の通り莫大な財産と美しい嫁をもらうことになる小四郎、仕方のないこととは言え他の男の女房となった元妻、ともに新しい人生を歩み出します。

小間物屋政談~三遊亭圓生

小間物屋小四郎~古今亭志ん生


志ん生は「小間物屋小四郎」の題で演っていました。

小間物屋政談~三遊亭圓楽


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in か~こ, 三遊亭圓楽, 三遊亭圓生, 古今亭志ん生 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*