将棋の殿様~柳家小さん【動画】



将棋の殿様 柳家小さん

江戸期後半の平穏な時代。将棋に凝りだした殿様が家来を相手に毎日将棋を指します。
しかし、駒も自分では並べず、自分の駒が取られそうになると「お取り払い」「お飛び越し」など無茶なルール。
そのうち、勝ったほうが負けた者の額を鉄扇で打ち据えるということに。
これを聞いたご意見番が(元の噺は講談の大久保彦左衛門のエピソードと言います)一手と願い出ます。

小さんの淡々として独特のフラのある語り口がすごく好きです。

大名将棋~笑福亭仁鶴


上方落語では「大名将棋」で知られ、「余の馬は名馬であるから桂馬が五つ六つ飛ぶのは当たり前である」というように少しずつ変わります。

入船亭遊一~将棋の殿様

 

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 柳家小さん(五代目), 笑福亭仁鶴 and tagged , . Bookmark the permalink.

関連演目 "将棋の殿様~柳家小さん【動画】"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*