田楽食い(ん廻し)~桂米朝・桂小南・三遊亭百生・三笑亭夢之助・桂雀々【動画】



てんてんてんまのてんじんさんで六本もらおか

桂米朝~田楽食い


「寄合酒」と「田楽食い(ん廻し」は、江戸期の終わりまでは別々の噺として演じられ(文久元年に松光という噺家の手控え記録があります)、その後繋がって明治から昭和初期にかけては「寄合酒」をサゲまで語ると「田楽食い」になるというのが通説であったようです。

現在では、この噺は別物とされることが多く、「寄合酒」は若者が集まって金はないけれど飲みたい、皆で算段をして酒や料理を調達してくるという噺、

「ん廻し・田楽食い」は兄貴分の家に菰樽があるのを狙って、酒を買ったが割ってしまったと嘘を言い、兄貴分にご馳走になる、豆腐の田楽を焼いてもらって、「ミソがつく」のは縁起が悪いので、運が廻るように(ん)のつく言葉を言って、(ん)の数だけ田楽を食ってよいという展開になります。

味噌をつけて豆腐を焼いた豆腐の田楽は、全国的にもあまりなじみのないものになりましたが、昔の上方では、おでんと言えば田楽のことを言いました。
京都南禅寺あたりでは、この豆腐の味噌田楽が名物として売られています。

関東風のダシで煮込んだおでんは、関東煮(関東だき、カント炊き)と言っていましたが、これもあまり言わなくなりました。

下げはさまざまなものがあり、この米朝のものでは焼けていないと怒る男に、
「あぁ、火事やさかいあんまり焼かんほうがよかろう」
となります。
古いものでは三十三間堂の通し矢で、矢が当たるとドンと太鼓が鳴る、はずれるとカンという鐘を鳴らす様子を、
「当たるとタイコがドン、ドンドンドン、カンカンカン」と繰り返す男に、
「焼くのが間に合わん」
「焼かず(矢数)で食う」というものもありました。

桂小南(二代目)~田楽食い(ん廻し)

三遊亭百生~田楽喰い(ん廻し)

三笑亭夢之助~ん廻し

桂雀々~ん廻し


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, や~ん, 三笑亭夢之助, 三遊亭百生, 桂小南(二代目), 桂米朝, 桂雀々 and tagged , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "田楽食い(ん廻し)~桂米朝・桂小南・三遊亭百生・三笑亭夢之助・桂雀々【動画】"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*