姫はじめ(宿屋かか)~三遊亭円歌・露の五郎兵衛



姫はじめ~三遊亭円歌

東海道袋井あたりの話。
正月の2日。ある宿屋で主人夫婦が、今日は年中行事の姫はじめの晩だ。と話しています。
古女房もこの日ばかりはうきうきとしています。

もう行灯を消そうか(店仕舞)とした頃、垢抜けのした女が泊めてくれと訪ねてきます。

主人は、お達しがあるもんで女一人では泊められないと一旦は断りますが・・・

覚書

「姫はじめ」は、旧暦「仮名暦(かなごよみ)」の1月2日に記されています。
正月1日には年末に用意した強飯(おこわ)、2日から姫飯(ひめいい・柔らかいご飯)を炊いて食べる日というもので、「火水始」と書きます。
一般的には新しい年になって・・・をする日ということで定着しています。

宿屋かか~露の五郎兵衛

(調整中)
ある宿屋。常客の商家の旦那がこの宿に泊まりますが、毎夜のように主人夫婦の営みの声が聞こえてきます。
翌日、商談から帰った旦那。主人に相談があるのだが、笑うなよ、怒るなよと念を押しながら、女房を一晩貸してほしいと頼みます。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, や~ん, 三遊亭円歌(二代目), 露の五郎兵衛 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*