始末の極意・しわいや~桂米朝・林家彦六・桂枝雀・金原亭馬生【動画】



桂米朝~始末の極意【動画】


始末の先生のところへ訪ねてきた男。自分も始末に関しては誰にも負けないと思っていたがこの先生にはかなわないとたびたび始末の方法を教えてもらいに来ます。

扇子を十年使う方法を考えた。半分開いて五年使い、もう半分を広げて五年使うと男が言うと、先生は子供の代までは使えると言う。
半分ずつでなく全部開き、扇子を動かさずに顔を動かす。

梅干しは食べるのではなく、前に置いて自然に出てくるつばをおかずにしてごはんを食べるのだと言います。。

覚書

始末、ケチ、貪欲というのは同じような言葉として使われますが、「始末」は、商いの始めと終わりをきちんとつけるという船場言葉で、

もしトラブルなどがあった場合などでも、双方が納得できるかたちで収めることを「始末をつける」と言います。

お金、道具、着物、食事など一切のものに関して、この「始めから終わりまで」をきっちりと処理するというのが商家全体の美徳とされ、あるものを無駄にせず、工夫をして大事に使う、しかし必要とあらば惜しみなくお金を使うことも「始末」です。

ケチというのは、物惜しみや出し惜しみをすることで、そういうさまを軽蔑したり嘲笑する言葉でもありますが、落語の世界では敬意を評されることもあり、この噺はその最たるものと言ってもよいと思います。

江戸落語では「吝(しわ)い屋」という題で演じられますが、これももともと上方の言葉で「しわん坊」「しぶちん」などとも言われ、金銭などを出し惜しみするさまを表すもので、宵越しの金を持たないという江戸っ子気質の中では、上方のしみったれ野郎、というような感じでしょうか、あまりいい言葉ではありません。

「貪欲」は、欲が深く人を騙してでも自分の得になるように物事を運んだり、自分の財産に執着している人のことを言い、こちらは落語の世界でも江戸・上方を問わず良い扱いはされません。

この噺はケチに関する小話を集めたようなもので、感心してしまうほどのケチぶりが次々と披露されます。

サゲはいくつかありますが、枝につかまって順々に指を離させ、
片手の親指と人差し指だけになった男に、
「人差し指を離せ」
「これを離したら落ちてしまう」
「それを離さんのが始末の極意じゃ」
というものがシャレが効いてていいですね。

親指と人差し指を丸くした状態は「お金」というジェスチャーで使っていましたが、もう通じなくなっているかもしれません。

金原亭馬生~しわい屋


こちらでは、「掴んだものを離してなならん、それが始末の極意じゃ」でサゲています。

桂枝雀~始末の極意

林家彦六(八代目正蔵)~吝い屋


飄々とした語り口で八代目正蔵から彦六に改名、「彦六の正蔵」と呼ばれた林家彦六。

この人自身も始末の達人で、稲荷町の長屋に住み、新聞の折込みチラシで片面が白紙のものを見つけたら切ってネタ帳の代用にしていたりという吝い話がある一方で、定期券は仕事で使うものだから割り引いてもらっているのだと、私用では普通に切符を買って乗るなど自分の理念を通した逸話が数多く残ります。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 桂枝雀, 桂米朝, 金原亭馬生 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*