夏泥(置泥)~柳家小さん・三遊亭圓遊・三遊亭金馬・五街道雲助・三遊亭金時



三十銭でいいから貸してくれ

夏泥~柳家小さん

夏の夜中。ある長屋に泥棒が入ります。
蚊帳燻しを焚きっ放しにしている家を見て、灯も倹約して寝ているらしい、金を溜め込んでいるに違いないとこの家に入ります。

部屋の隅に男が寝ていますので起こして泥棒だと言いますと、男はそれなら安心だ。金は博打で巻き上げられて一文無しだと胸を張ります。

泥棒なら元手もいらないから弟子にしてくれないか、いや、三十銭でいいから貸してくれないかと頼みます。

泥棒が断ると、男は路地の閂をかけて「泥棒!」と叫べば、この長屋は三十六軒、腕っぷしのいいのが揃ってる。みんな出て来て袋だたきにして警察へしょっぴき出すと脅します。

仕方なく三十銭を男に渡す泥棒。男は三十銭だと米買って薪買って・・それでおしまいだなぁ、もう一銭出しておかずの一つも買えるようにしてくれ。

覚書

泥棒から金を巻き上げる痛快な噺です。

上方落語の「打飼盗人」(うちがえぬすと)を東京に移して「置き泥」「夏泥」。

「打飼を忘れてるよ」というサゲからこの題がつきました。打飼は木綿の布を長い筒状にしたもので、中に金や貴重品を入れて腰に巻いていたものです。
古くは戦に出る時に食料などを入れていたそうですがよほどの歴史好きでもないともう知らない言葉でしょう。

演者によってサゲが変わり、打飼を煙草入れに変えたのが定着しましたが、私は「来月また来てくれ」というのが好きですね。

置泥~三遊亭圓遊

夏泥~三遊亭金馬

夏泥~五街道雲助

夏泥~三遊亭金時【動画】

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in な~の, 三遊亭圓遊, 三遊亭金馬, 五街道雲助, 柳家小さん(五代目) and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*