堀川~林家小染・桂文枝・月亭八方



親父の頭なら勿体無くなかった

堀川~林家小染


長屋で、親子三人侘び住まいをしている家族。元は立派な商売をしておりましたが、息子の酒好き女好きの極道で店も財産も呑み潰してしまった。

今日も大トラで家に帰ってきますが、父親はもう家に入れるなと母親に言います。

この間、寝ている親父の頭につまづいて「もったいない」と言った。
親の頭を蹴って勿体無いと思うのならとこの晩は辛抱して寝たが、翌朝聞いてみたら一升徳利にけつまずいたと思って勿体無いと言った。親父の頭なら言うんじゃなかったという。
それでも母親は父親をなだめて息子を家に入れてしまいます。


この後、向かいの長屋に帰ってきたのが酒も博打も女もいらないが、喧嘩と火事が好きでたまらないという喧嘩極道。

うどん屋が通るとこいつと喧嘩してやろうと声をかけ、足を洗わせ、うどんを勧められると無理やり食わせるのかとすべてが喧嘩腰。

家に帰ると母親を蹴飛ばして起こし、飯に魚がついていないと文句を言い、金がないなら沖仲仕でもしろ、肩揉め、腰を撫でろ、足をさすれと極道の限り。

覚書

堀川は小染の師匠、三代目染丸が得意としていた古い噺で、酒極道と喧嘩極道が親を蹴ったり殴ったりとひどい話ではありながら、友人の近くが火事だと聞いて世話をやく喧嘩極道に親切な面が見えたり、猿廻しの口上が妙に可笑しくもあります。

飲んで暴れる人というのもなかなか見なくなりました。

昔の友人で灰皿代わりにしていたビール缶を飲もうとしたり、壁を殴って骨折したりしたのがいましたが、事業に失敗して行方知れず。
今頃どうしてるんでしょうか。

この林家小染も普段は柔和な笑顔の優しい男でしたが、呑めば暴れて手がつけられず、警察のトラ箱をねぐらにしているような破天荒なキャラクターでした。

堀川~桂文枝

堀川~月亭八方

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 月亭八方, 林家小染, 桂文枝(五代目) and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*