土橋万歳~桂米朝【動画】



忠義の番頭に若旦那は改心するか

土橋万歳~桂米朝【動画】

船場の大店 播磨屋の離れ座敷。丁稚の定吉が割り木を片手に若旦那の作次郎を見張っています。

定吉に羊羹と二十銭銀貨を与えて、ミナミの茶屋大梅の連中と約束がある。ご飯を食べたらすぐに帰ってくるのでちょっとだけ知らぬ顔をしておいてくれ。

布団の中に座敷箒と座布団を丸めて寝ている形を作って、番頭が来たら昼寝をしていると言えばよい。と言って外へ飛び出してしまいます。

覚書

上方歌舞伎で元禄11年(1698年)の冬に大坂長町裏(現在の中央区日本橋)で起きた魚屋による殺人事件を題材とした『夏祭浪花鑑』の七段目、長町裏の場をもとにした古い上方落語です。

涙ながらに若旦那を諌める番頭、それを階段から突き落とす若旦那。
中盤から後半にかけての番頭と若旦那のやりとりは、上質な芝居を見るようです。

サワリに少し説明がありますが、万歳(まんざい・萬歳)は正月や祭りの際に太夫と才蔵の二人が家々を回って鼓を打って舞いながら祝いの言葉を述べるもので、才蔵がボケ、太夫がツッコミの役割で現在の漫才につながっていきます。

伊勢萬歳


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*