厩火事~古今亭志ん朝、古今亭志ん生・桂文楽他【動画】



古今亭志ん朝~厩火事

髪結いの女房が大家さんのところへ駆け込み、亭主には愛想がつきた、大家さんには仲人をしてもらって申し訳ないけれど別れたいと言い出します。

大家が亭主の悪口を言い「じゃ別れちまえ」と言うと女房は、「そんなに悪く言うことないじゃありませんか」と亭主をかばいます。

大家は呆れながらも、では亭主の心を試してみろと、唐土(中国)の孔子と麹町の殿様の話をします。

ある日、孔子の留守中に孔子が大事にしている厩から火が出て、孔子が大切にしている白馬が死んでいまいます。
帰った孔子は、馬のことには一言も触れず、皆に怪我はなかったか、なければ良いと言い、弟子たちは孔子に心酔します。

一方麹町の殿様は、大事な青磁の皿を抱えて階段を落ちてしまった妻。妻は大事なものだからと皿を大事に抱え、皿は無事でしたが、音を聞きつけた殿様は、「皿は大丈夫か、皿は大丈夫か」と皿の心配ばかりをします。

妻は翌日、実家へ行くと言って戻らず、親から妻よりも皿を大事にするように方に大事な娘を預けておくわけにはいかないと言い、離縁。その噂が広まって後妻もなく寂しく暮らしたといいます。

さて、家に戻った女房、亭主が大事にしている皿を取り出し・・。

古今亭志ん生~厩火事

柳家小三治~厩火事

三遊亭圓楽(五代目)~厩火事【動画】

桂文楽(八代目)~厩火事


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 三遊亭圓楽, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 柳家小三治, 桂文楽 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*