初天神~桂小三治・笑福亭仁鶴・柳家さん喬・桂文我他



初天神~桂小三治


新しい羽織を誂えて誰かに見せたい熊五郎。女房に、今日は初天神だから羽織を出せと言います。

女房は、息子の金坊を連れて行ってくれと頼みます。
熊五郎は、あいつはこれ買ってくれあれ買ってくれとうるさいので嫌だと言いますが、ちょうど金坊が外から帰ってきてあたいも連れてってくれとせがみます。

女房と子供にせがまれ、今日はあれを買ってくれこれ買ってくれと言わないと約束をして金坊を連れて出かけます。

覚書

昔は親に連れられて買い物や縁日に行って、何かが欲しいと駄々をこねて座り込んで泣いている子を結構見たように思います。

最近でもいないことはないのですけど、昔に比べれば物に不自由しなくなったこともあり、子供が欲しいと言えばすぐに買ってあげる、甘いと言われてもそうしてやりたいという親が多くなったということかもしれません。

この噺は初代の松富久亭松竹(後の笑福亭)が江戸時代の笑話本「聞上手」の中にある「凧」という小咄をもとにまとめたものと言われています。

初天神~笑福亭仁鶴

上方では息子は駄々っ子ではなく、狡猾な悪ガキとして演じられます。

初天神に連れて行かないと言う父親に、
「この間の晩のこと向いの家行って皆言うてきたる」
と言い、夫婦の閨(ねや)の話をしだします。

初天神~柳家さん喬

初天神~桂文我

初天神~春風亭一之輔


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 春風亭一之輔, 柳家さん喬, 柳家小三治, 桂文我, 笑福亭仁鶴 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*