付き馬~古今亭志ん朝・三遊亭圓生・三遊亭金馬・古今亭志ん生・立川談志・三笑亭可楽



付き馬~古今亭志ん朝

ある男、吉原でバカ騒ぎをした翌朝、牛(ぎゅう・店の若い衆)が部屋に入ってきて勘定の催促をします。

男は吉原の中のお茶屋に手紙(請求)を書いたが判を忘れたので自分で訪ねようと思う。一緒に行かないかと誘います。

「あの家だが、まだ寝ているみたいだ」ちょっと大門を出て時間を潰そうと言い、浅草あたりまで来ますと仲見世あたりを一廻りしよう、風呂に入ろう、腹が減ったから飯を食おうと引き回して勘定もみんな払わせてしまいます。

牛(ぎゅう)がしびれを切らせて、どこで払ってくれるんだと聞きますと、男は早桶屋をしている叔父さんの家でこしらえてもらうと言って男を待たせて店に入っていきます。

覚書

勘定を払えず、集金のために家まで付いてくる「付き馬」
吉原へ馬で通った時代、並木町から吉原まで送った馬子たちは翌朝大門の前で待っていて、帰りも送っていきました。

勘定が払えないとなると店の者が馬子に集金を頼み、馬子が家までついて行く。
馬も家の前まで一緒に行きますので「馬を引っ張ってきた」「付き馬を連れてきた」という言葉になりました。

馬子はその金を店に渡して手間賃をもらう。でも中には店に持っていかないでそのまま懐に入れてしまう奴も出てくる。

これは良くないということで、その客を呼び込んだ店の若い衆(牛太郎・牛)の責任として客の家まで付いて集金するようになりましたが、呼び方はそのまま「馬」「付き馬」で残りました。

「夕べ格子で勧めた牛(ぎゅう)は 今朝はノコノコ馬となる」と都々逸にもあります。

付き馬~三遊亭圓生

付き馬~三遊亭金馬

付き馬~古今亭志ん生

付き馬~立川談志

付き馬~三笑亭可楽


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 三笑亭可楽, 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 立川談志 and tagged , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "付き馬~古今亭志ん朝・三遊亭圓生・三遊亭金馬・古今亭志ん生・立川談志・三笑亭可楽"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*