今戸の狐~古今亭志ん朝・志ん生・金原亭馬生【動画】



古今亭志ん朝~今戸の狐

初代の三笑亭可楽に弟子入りした良輔。
乾坤坊良斎という戯作者の弟子で、落語や芝居の台本などを書いておりましたが、生活ができないので落語家を志して可楽に弟子入りしました。
しかし、修行はつらい、高座は場末でワリも少なく食うものも食えません。

当時、前座に許されているのは、寄席の中でクジを売るということだけで、他の仕事をすることは許されていませんでしたが、背に腹は変えられず、師匠に内緒で今戸焼きという狐の焼き物に彩色をする内職を始めます。

彩色の腕も上がり、向かいに住むおかみさんにも仕事を回して、ある程度売上も出きてきます。

ある日、前座の乃楽が夜中に寄席でクジを売って貰った金を数えている音を聞きつけたのが、博徒打ちの虎という男。

さては「狐」(当時流行っていたサイコロ博打)をやってるんだなと思い、翌朝可楽の家を尋ねてきます。

可楽が出ますと、お宅では夜遅く「狐」をなさっているようだが、他にしゃべられたくなかったら金を少々お借りしたい。と強請にかかります。

可楽には身に覚えもなく、賭け事などは一切しておりませんと言ってとりあわず家の中に入ってしまいます。
そこへ乃楽が出てきて話を聞きますと、「隠れて狐ができている」のはお見通しだというので、
これはてっきり良輔のことだと思い、良輔の家を教えます。


覚書

すべてが勘違いでできているという噺で、蒟蒻問答にも似たやりとりが展開されます。

サゲで、「コツのサイ」という言葉が出てきますが、向かいのおかみさんが千住の女郎屋あがり、千住には小塚原(こつかっぱら)がありましたので、コツから来た妻(サイ)でコツのサイと近所では言われていました。

一方、博打の世界ではサイコロのことをコツのサイ、昔はサイコロは骨で作っていたことからこういう符牒で呼ばれ、博打そのものを表します。

古今亭志ん生~今戸の狐

金原亭馬生~今戸の狐

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 金原亭馬生 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*