人形買い~笑福亭松鶴・三遊亭圓生・桂三木助・笑福亭仁鶴



人形買い~笑福亭松鶴

祓い給えの先生が、子供の初節句だと長屋の連中にちまきを配ります。
柏餅くらいならお祝いは普段のツナギの四十八文でいいだろうが、向こうも気張ってチマキを撒いているから倍の百文としよう、

長屋は二十四軒あり、一軒に百文ずつもらったら二貫四百文集まるから人形でも買って祝ってやろうと話がまとまります。

長屋の中でうるさいのは講釈師と八卦見の二人。
御堂前へ出かけて、手頃な値段の神功皇后と太閤秀吉の人形を借り、どちらがよいか選んでもらおうと二人のもとへ向かいます。

覚書

上方落語を三代目の三遊亭円馬が明治時代に東京に移しました。

御堂前(御堂筋)の人形屋ということで噺が進みますが、昔は御堂筋沿いに人形を扱う店が多くありました。

大正末からの御堂筋拡幅に伴って、ほとんどの人形店が菓子問屋などが多くあった松屋町(まっちゃまち)へ移転して現在に至ります。

人形買い~三遊亭圓生

人形買い~桂三木助

人形買い~笑福亭仁鶴

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in な~の, 三遊亭圓生, 桂三木助(三代目), 笑福亭仁鶴, 笑福亭松鶴 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*