バールのようなもの~立川志の輔【動画】



「バールのようなもの」というのは何なんでしょう

バールのようなもの~立川志の輔【動画】


再生できない方はこちら(veoh)

ある男、物知りのご隠居を訪ねて、わからないことが溜まってしまったので教えて欲しいと言います。

ライオンは他の動物に比べてなぜ頭がでかいのかと聞きますと、檻から出られないようにするためだと答えます。

キリンは何故首が長いのかと聞きますと、頭があんなに高いところにあるからしょうがないだろう。

蚊に食われるとなぜ痒くなるのかと聞きますと、痒くならないとどこを刺されたのかわからないだろうと言います。

風呂の湯を入れて一度見に行くとぜんぜん溜まってなく、二度目に見に行くと溢れているのはなぜだろうと聞きますと、一度目と二度目の間にもう一度見に行かないからだ。

これからが本題だが、さっきテレビのニュースで「シャッターをバールのようなものでこじ開けて」と言っていたが、この「バールのようなもの」というのは何なんでしょうと聞きます。

覚書

清水義範の短編小説をもとに立川志の輔が作った新作落語で『バス・ストップ』『みどりの窓口』も清水氏の原作をもとにしており、志の輔の人気に火をつけた作品として知られます。

物知り風のご隠居が出て来て、物事の解説をする噺を「根問いもの」と言い、『千早ふる』『やかん』『つる』『いもりの黒焼(色事根問)』などいろいろあり、落語に慣れていない初心者も楽しく聴けます。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 立川志の輔 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*