ふだんの袴~春風亭一之輔・林家正蔵



いささか普段の袴である

ふだんの袴~春風亭一之輔


上野広小路の御成街道。侍相手の道具屋が多くあり、そのうちの一軒に貫禄のある侍が訪ねてきます。

墓参の帰りで供にはぐれた。少し休憩させてもらいたいと床机に腰をかけ、煙草入れを取り出して、煙管に上等な煙草を詰めて一服。

鶴の掛け軸に目を留めると主人は「お目が高い。落款はないが文晁(ぶんちょう)の作かと思います」と言い、侍が「文晁は良い」と感心した拍子に火玉が袴に落ちます。

主人があわてて「袴が焦げます」と言うと、侍は「いささか普段の袴である」と落ち着いています。

連れの者が現れて帰って行った侍を見ていた与太郎。自分もやろうと長屋の大家に袴を借りにいきます。

覚書

人の真似をして失敗する「オウム返し」の典型です。
春風亭一之輔や三遊亭王楽などの若手が

古典落語の代表的なものだけでも『青菜』や『反魂香』、『二十四孝』『猫久』『半分垢』『鈴ヶ森』など数多く、落語初心者でも安心して聴けるジャンルです。

普段の袴~林家正蔵

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 春風亭一之輔, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*