なめる~三遊亭圓生・三遊亭円歌【動画】



三遊亭圓生~なめる【動画】

芝居見物にやってきた男、満員なので立ち見をして「音羽屋!」など声を上げてほめています。
前に座っていた年増女が男に声をかけ、一緒にいるお嬢様が音羽屋贔屓で、自分たちの升に座って音羽屋をほめてほしいと言います。

弁当などもいただきながらほめていますと、年齢を聞かれ、二十二だと答えます。

娘の加減が悪く行き帰りは駕籠を使うのですが、医者も少しは歩くほうがよいと言っています。しかし女二人では無用心でと言います。これを聞いた男、よければお送りしましょうと申し出ます。

芝居がはね、男は女二人とともにお屋敷まで同道します。

屋敷につきますと、二人でございますがぜひ家に寄っていただき、夕食でもご一緒にいかが、もしよろしければ泊まっていってくださっても、と言い出します。


覚書

別名「重ね菊」(音羽屋の紋)とも言い、もとは破礼話でした。
というのも、大正時代頃までは娘のできものは女陰部にあり、夫婦約束や男が開き直って泊まっていくと言い出すのも頷けるところです。
これを乳の下に変えたことで色っぽさが出て、破礼噺から艶話へと変わりましたが、「夫婦の約束を」という説得力は元の話のほうが効いています。

ただ、どちらにしても楽しい!という噺ではなく、現在この噺を演る人もほとんど見られなくなりました。

三遊亭円歌

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in な~の, 三遊亭円歌(二代目), 三遊亭圓生 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*