てれすこ~三遊亭金馬・三遊亭圓生・三遊亭圓歌



イカの干したものをスルメと言わせるなよ

てれすこ~三遊亭金馬

ある漁場で名前のわからない魚が獲れ、村中聞いて回りますが誰にもわからない。

漁師たちはその魚を持って奉行所を訪れますが、漁師にわからないものが役人にわかるはずがなく、役人奉行議論の末、その魚の魚拓をとって貼り出して名前がわかる者は申し出でよ。褒美として百両の懸賞金をつかわすと張り紙をします。


多度屋茂兵衛という男が名乗り出て、その魚の名は「てれすこ」だと言う。
変な名前だと不審に思いますが、違うだろうとは言えず懸賞金を支払います。

その話を聞いた奉行はその魚を干物にして魚拓をとり、同じように懸賞金百両をつけて張り出します。

するとまた茂兵衛が来て、その魚の名は「すてれんきょう」だと言う。

奉行はこの魚は、そちが「てれすこ」と言った魚を干しただけだ。上を偽る不届き者と牢に入れられ、打ち首を申し渡されます。

覚書

神仏に願いをかけるために好きなものを断つ「断ち物」。
煙草や酒などの嗜好品、お茶やコーヒー、お菓子などを断つことを神仏に約束をして自分の望みを叶えます。

祭りなどでは事故や怪我をしないように本尊の使いや紋に似たものを断つ習慣が現在でも続いており、有名なところでは博多山笠では期間中は胡瓜絶ち、女人断ちをします。

渥美清は入谷の小野照崎神社で好きな煙草を断つから役者として活躍できるようにと祈り、すぐに「男はつらいよ」の寅さん役が舞い込んできたという逸話が残ります。
志ん朝は守り本尊の虚空蔵菩薩の使いが鰻と聞いて大好物だった鰻を生涯食べませんでした。

「てれすこ」は火物と干物をかけた考え落ちですが、火物って何?という方もいらっしゃると思いますので蛇足ながら、火物は火を使った料理のことで、これを断って願掛けをするのを火物絶ちと言います。

てれすこ~三遊亭圓生

てれすこ~三遊亭圓歌

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 三遊亭円歌(二代目), 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 滝川鯉昇 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*