つる~桂米朝・桂歌丸・桂枝雀・春風亭一之輔・桂吉朝【動画】



「ツ~~ッ」と飛んで来て

つる~桂米朝


横町に住むご隠居の甚兵衛。評判はあまり良くないが物知りで知られます。
この甚兵衛を訪ねてきた男、屏風に書いた千羽鶴を見て、鶴というのはなぜ鶴というようになったかと聞きます。

甚兵衛は「昔、ひとりの老人が浜辺へ立って遥かな沖合いを眺めてござった。唐土の彼方からこの首長鳥の雄とおぼしきものが一羽「ツ~~ッ」と飛んで来て、浜辺の松へポイと止まった。

あとから雌が「ル~~ッ」と来て、これも浜辺の松の木へポイと止まった。これを見ていた老人が、あぁ、これは首長鳥じゃと思うていたが、ツルじゃな」

男は良いことを聞いた。近所に話して回ろうと、甚兵衛が嘘だと止めるのも聞かずに飛び出します。

覚書

「絵根問い」という古い上方噺を四代目の桂米團治が最後の部分だけをまとめて「つる」としました。

東西で前座噺としてよく掛かります。

つる~桂歌丸

つる~桂枝雀

つる~春風亭一之輔

つる~桂吉朝

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 春風亭一之輔, 桂吉朝, 桂枝雀, 桂歌丸, 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*