たがや~古今亭志ん朝・志ん生・右朝他【動画】



古今亭志ん朝~たがや

安永の五月二十八日、両国では川開きで花火が行われて両国橋の上は大勢の見物人で賑わっています。

本所から旗本の一行が「寄れい、寄れい!」と人ごみを押しのけて橋を渡ろうとしています。
反対側の広小路方向からたがやが家に帰ろうとこの橋を渡ってきます。

ちょうど橋の中央あたりで、人に押されたたがやと旗本一行が鉢合わせ、
「無礼者!」と共のものが一喝してたがやを突き飛ばしますと、商売ものの竹を丸めたものがはじけて殿様の笠を弾き飛ばしてしまいます。

年をとった親父とおふくろが待っておりまして、どうぞご勘弁願いますとたがやは謝りますが、侍は屋敷へ来いと譲りません。
周りの見物もたがやに同情、こんなところを馬で通りかかるほうが悪いと野次を飛ばします。

どうしても許してもらえないと悟ったたがや、鶏も追い詰められて五勺飛び、窮鼠猫を噛むという通り、開き直って啖呵を切ります。

覚書

喧嘩花火は江戸の華、士農工商という身分制度の中で侍に対する庶民の感情が溢れ出す、落語の真髄とも言える噺です。

両国の川開きで花火が行われるようになったのは享保二年(1717年)から。
この噺は当初は侍がたがやの首を飛ばしてしまうもので、サゲの「た~がや~」の意味合いもこちらのほうが効くのは確かです。

立川談志はこちらほうが正しい、たがやが侍の首を飛ばすのは戦後に職人が寄席に多く訪れるようになったからそれに阿(おもね)ったのだとして原作通りに演っていましたが、弱きが強きを挫くという意味ではあまりスカっとしないもので、

「侍がなんだってんだい!」という演出のほうが落語的には正しいと思っています。

古今亭志ん生~たがや

古今亭右朝~たがや

金原亭馬生~たがや

三遊亭圓楽~たがや

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 三遊亭圓楽, 古今亭右朝, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 金原亭馬生 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*