さんま芝居~三遊亭円歌



文弥の幽霊出るに出られず

さんま芝居~三遊亭円歌

兄貴との旅から帰ってきた弟分。もう少しで江戸というところの宿場で、さんまに大根おろしをたっぷりとかけて、ここはさんまばかりだだなと愚痴を言いながら食べています。

表をずいぶん人が通るので、何かと聞いてみますと鎮守様の祭りで、歌舞伎役者の化物の名人が来ている、名は市川怨霊と無念造という。

坊主が殺されて化ける話と聞いて二人も観に出かけることにします。

粗末な芝居小屋まで来ますと演し物は「蔦紅葉宇都谷峠・文弥殺しの場」。大根役者で観ていられないが村人は満足そう。

芝居が進み、文弥が伊丹屋十兵衛に百両奪われて殺され、谷底へ突き落される、十兵衛が花道にかかったところへ文弥が幽霊となってから登場する場面。

場内は静まり返りますが、道具方が煙用の花火を宿屋に忘れて煙が出ず、幽霊が出られない。

覚書

「蔦紅葉宇都谷峠」は初代金原亭馬生作の人情噺(世話噺)で、黙阿弥が芝居に直しましたことで知られます。

「許してくだされ文弥殿」という科白は「許してくだされ〇〇殿」という流行語にもなりました。

この「蔦紅葉宇都谷峠」をさらに直したのが「毛氈芝居」で、古今亭志ん生、彦六の正蔵などが得意にしていました。

以下、「蔦紅葉宇都谷峠」のあらすじ。

文弥が幼い頃に誤って石の上に落として盲目にしてしまったお菊。せめてもの償いと、吉原へ身を売って百五十両の金を作り、文弥に京へ行って盲人の官位である市名を取って身を立てるようにと言います。

文弥が鞠子宿まで来た時、文弥を狙った仁三という悪党が枕探しをするところを、江戸から来た伊丹屋重兵衛が取り押さえたことが縁となり、文弥は重兵衛に同行を頼みます。

二人で宇都谷峠を越える途中、文弥は重兵衛に姉が身を売って作った百五十両の金を持って京に上る仔細をうち明けますと、重兵衛は自分の主人のためにその金を貸してくれと申し出ます。

文弥が断って一人で先を急ぎますと、追ってきた重兵衛が文弥を斬り殺して金を奪います。

一年後、居酒屋を営む重兵衛、昨年文弥の枕探しをして許してやった仁三に文弥殺しを見られ、半分の七十五両を渡せと強請られます。重兵衛は、伯父から借りると言って仁三を連れ出し仁三を殺します。

店に戻ると、口入屋から紹介された老婆が待っており、身の上話を聞くと、これが文弥の母親とわかります。

一緒に聞いていた重兵衛の女房が、しばらく前から座頭の亡霊に悩まされていたが、仁三と重兵衛のやり取りも思い合わせ、これは文弥の亡霊と知り錯乱、文弥の霊が乗り移って夫の悪事を口走り、ついに重兵衛は役人に取り押さえられて死罪となります。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 三遊亭円歌(二代目) and tagged , , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "さんま芝居~三遊亭円歌"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*